ムサビで大人気の講座、志田陽子教授の『映画で学ぶ憲法』

早稲田大学エクステンションセンターのオープンカレッジで一般の方も受けられるようです。ぜひご受講を!
https://www.wuext.waseda.jp/course/detail/36465/

 

著作はこちら

『映画で学ぶ憲法』 志田陽子編 法律文化社

https://www.hou-bun.com/cgi-bin/search/detail.cgi?c=ISBN978-4-589-03550-9


志田陽子教授が登壇いたします。

 

「自民党憲法改正草案」の多角的検討 −日本の憲法政治の行方–

 

[趣旨]本年710日に行われた参院選において、政権担当党の自民党と公明党が、それぞれ 改選議席を増やした。自民党は56議席で前回よりも6議席増となり、また公明党も14議席で前回 よりも5議席増となった。その結果、参院総議席における改憲勢力は自公両党におおさか維新と こころの二党を合わせ、さらに諸派と無所属の改憲派議員を加えると165議席となり、改憲勢力 は「三分の二」(162議席)を超え、国会全体でも憲法改正を国民投票で問うことのできる「三 分の二」以上の議席を確保したことになる。いよいよ、日本の政治は、いわゆる「憲法政治」–  国政の基本法・統治構造・基本政策の是非を国民的規模で根本的に見直し審議し決定しよ うとする非常時型(百年に一度あるかないかの)政治  –  のピークとなる季節を迎えている。 こうした折、20124月に提出された「自民党憲法改正草案」がますます注目されるようにな った。本シンポジウムでは、わが国の憲法学をリードしてこられた研究者の皆様をお招きし、 多角的な観点からこの「草案」を検討し吟味するシンポジウムの開催を計画した。ぜひご参加 いただきたくご案内申し上げたい。

 

日時: 10 25 () 15:1017:40 

会場:国際基督教大学 本館315室(予約不要) 

主催:国際基督教大学平和研究所 

 

【プログラム】 

挨拶 笹尾 敏明(平和研究所所長) 

<第一部> 

基調講演1 山内 敏弘(一橋大学名誉教授) 「天皇を戴く軍事国家か、個人を尊重する平和国家か」 

基調講演2 志田 陽子(武蔵野美術大学教授) 「歴史と向き合う憲法か、歴史から逃げる憲法か: 統治構造と人権の両面で生じる基盤の変質」 プラス 歌唱 (休憩)

 <第二部> 

パネルディスカッション、フロアーとの意見交換 

司会 千葉 眞(国際基督教大学特任教授) 

山内 敏弘 志田 陽子 松平 徳仁(神奈川大学教授) 正樹(平和研究所顧問、前国際基督教大学教授)

 

 

連絡先:181-8585 三鷹市大沢3-10-2 国際基督教大学平和研究所

 

電話:0422-33-3187 Email: icupri@icu.ac.jp 


シンポジウムの動画公開しました。

 

シンポジウム『天文学者と語り合う平和 戦争と大学、そして憲法』

 https://youtu.be/8Q1mbWEvh5k

 

 

 

 

 

http://www.kokuchpro.com/event/nowar/

シンポジウム

天文学者と語りあう平和 ―戦争と大学、そして憲法―

開催概要
日時:2016年 6月23日(木)19:00-21:00(開場 18:30)
会場:武蔵野スイングホール(東京都武蔵野市境2丁目14-1)
   アクセス JR中央線・武蔵境駅北口下車 西へ徒歩2分
参加方法:事前の参加お申し込みは不要です。直接会場へお越しください。
その他 :参加無料。多くの皆さんのご来場をお待ちしています!

  • プログラム
    プロローグ:4次元デジタル宇宙ビューアー「Mitaka」で宇宙旅行
    あいさつ:海部宣男 国立天文台名誉教授・天文学
  • 講演
    • 講演1:
      科学が戦争に動員される! ―安全保障法と軍学共同―
      講師/池内 了 (いけうち さとる) 名古屋大学名誉教授・宇宙物理学
       安全保障法が強行採決されましたが、安倍内閣の軍事化路線は、科学の軍事動員と武器輸出を促進させる方向に突き進んでいます。これを阻止するため、研究者と市民が力を合わせ運動を起こしましょう。
    • 講演2:
      立憲主義と《良心》 ―安全保障法、市民の幸福追求と学究者の責任、そして言論の自由
      講師/志田陽子 (しだ ようこ) 武蔵野美術大学教授・法学(憲法)
       安全保障法の採決以来、現内閣は、多くの市民と学究者の《良心》を切り捨てて、日本が採らないと決めたはずのレールの上を走り出したようです。この流れは安全保障法制の内容だけでなく、これについて考え議論をする人々の精神的自由を抑え込みながら進行しています。一人一人が、思考停止に陥らないために、憲法の基礎を確認しましょう。
  • パネルディスカッション
     講師、天文学者、市民の皆さんと、軍事研究や平和、憲法について語りあいましょう。

 

主催等
主催:「天文学者と語りあう平和」シンポジウム実行委員会
共催:安全保障関連法に反対する国立天文台関係者有志の会安全保障関連法に反対する学者の会
協力:(調整中) 


安保法制違憲訴訟の会ホームページに志田陽子先生のスピーチ原稿が掲載されています。

 

原告の声(その1)

原告:憲法学者および教員として 志田陽子

→ http://goo.gl/wFbWzC


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

志田陽子教授が安保法制違憲訴訟の原告のひとりとして参加し「憲法と矛盾する法制を、裁判所に憲法違反だと判断して欲しい。」と訴えた。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160420/k10010491021000.html?utm_int=news_contents_news-movie_003&movie=true

 

「安保法制は違憲と判断を」提訴を前に訴え

4月20日 20時56分 NHK news web

 

安全保障関連法に反対する弁護士などのグループが、初めての集団訴訟を起こすのを前に東京都内で集会を開き、原告に加わる憲法の研究者が「憲法と矛盾する法制を、裁判所に憲法違反だと判断してほしい」と訴えました。

 

集会を開いたのは、弁護士と元裁判官で作る「安保法制違憲訴訟の会」で、東京・千代田区の会場には裁判の原告になる人などが集まりました。
グループは、「安全保障関連法は、集団的自衛権の行使や海外での武力行使を禁止する憲法9条に違反する」として、全国で初めて東京地方裁判所に集団訴訟を起こす方針で、共同代表の弁護士は今月26日に提訴することを明らかにしました。
裁判では、国に対して自衛隊を出動させないことや賠償を求めるということで、原告には、自衛官の家族や広島と長崎の被爆者など合わせて500人以上が加わる予定だということです。
原告として参加する憲法が専門で武蔵野美術大学の志田陽子教授は、「憲法と矛盾する法制を、裁判所に憲法違反だと判断してほしい」と訴えました。
グループによりますと、全国で2000人以上から裁判に参加したいという希望が寄せられているということで、今後、準備が整いしだい各地の裁判所に提訴するということです。

 

 


 

 

 

 

 

 

東京新聞掲載(2016.4.19)

【言わねばならないこと】 民主主義のルール破壊 憲法学者・志田陽子さん

http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/himitsuhogo/iwaneba/list/CK2016041902000196.html

 

 


3月25日(金曜日)夕方、志田陽子教授が講師をつとめる勉強会が行われますので、お知らせします。一般市民の聴講、歓迎のイベントです。
===========================
「施行間近 安保法制で何がどう変わるか?」
日時:3月25日(金)18:00~
場所:司法書士会館 地下1階 日司連ホール
   (東京都新宿区本塩町9-3)
講師:志田陽子(武蔵野美術大学教授)
主催:安保法制を考える司法書士の会 http://shihoushoshi-kenppou.jimdo.com/
参加費無料、一般市民の聴講歓迎です。事前に参加申し込みをお願いします。
参加申し込み先
fax 03-3357-5742 (安保法制を考える司法書士の会 事務局 半田久之)
========================

講演会 「2015年の歴史的意味を考える」
講師 渡辺治氏 
(一橋大学 名誉教授、9条の会事務局)
2月27日 13:30-16:00
武蔵野美術大学 1号館103教室
(資料代 500円)
主催:9条の会・小平 市民講座実行委員会
連絡先 042-343-0456
予約不要、一般聴講可、駐車場はありません
※武蔵野美術大学並びに当会の主催ではありませんが、趣旨に賛同し、告知協力をしています。

「国会前を学習の場に!」 

青空ミニ講義&09/11国会正門前 参加体験レポート

原田 浩(当会呼びかけ人 映像学科非常勤講師)


IWJ (Independent Web Journal)への寄稿

リンク 

→ http://iwj.co.jp/wj/open/report-051


『平和的生存権と 生命・幸福追求の 権利 日本国憲法と2015年安保法制案』 志田陽子

ダウンロード
2015年 安保法案と平和的生存権・幸福追求権(ムサビ有志HP用).pdf
PDFファイル 2.4 MB